ホーム お茶コラム > ティースプーン1杯ってどのくらい?

今使っているティースプーンのすりきり一杯は何グラム?

ティースプーンといっても、形は様々で、すりきり一杯を計量すると、グラムもバラバラです。また、使用する茶葉によってもグラムは変わってきます。

今使用しているティースプーンのすりきり一杯が何グラムか知っておくと、お茶を淹れる時に茶葉が計りやすくなります。

①の茶合については、あとでご説明します。

 

台所にあるスプーンで茶葉の量はどのくらい?

茶さじやティースプーンがわかりにくい場合は、台所にあるスプーンを利用するのもひとつです。

上質な煎茶は、他の茶種と比べて重みがありますが、嵩が低いので、深むし茶よりグラムは少なくなります。ほうじ茶は嵩が高く軽いので、煎茶よりもグラムはかなり少なくなります。

 

※すりきりでも盛り上がっているように見えるのは、写真の撮り方によるものです。

盛り方によるグラムの違いは?

お茶1杯分で、茶葉3gを使用します。(お茶によって異なる場合があります)

深むし茶は小さじすりきり1杯でちょうど計れるので、煎茶と玄米茶について、すりきりと山盛りで比べてみました。ほうじ茶は小さじだと何倍も入れないといけないので、大さじで比べています。

 

※すりきりでも盛り上がっているように見えるのは、写真の撮り方によるものです。

茶葉3gは、茶合ではどのくらい?

茶合は、お茶の量を計る道具で、竹製のものから、木製、金属製、象牙製など多種多様あります。茶入れから茶合に茶葉を移し、茶合から急須に移すのが基本となっています。

茶葉3gを茶合に移すと、このような感じになります。

煎茶

深蒸し茶

玄米茶

ほうじ茶

 

美味しい淹れ方のコツ

①今使用しているスプーンが、すりきり何グラムかを知っておく

②同じスプーンを使用する

③淹れる茶種に合わせて、適正な量を入れる

これが、美味しいお茶を淹れるのにとても役立ちます!

 

お茶の美味しい淹れ方(1人分の目安)

※お茶によって異なる場合があります。