ホーム お茶コラム > 失敗しない、急須の選び方

急須は、お茶を美味しく淹れるのに欠かせないアイテムのひとつです。そんな急須も定番のものからカラフルなもの、素材や形も様々です。

それぞれの違いを知って、自分にぴったりの急須を探してみてください。

1.素材を選ぶ

「急須」とひとことでいっても、素材はさまざまなものがつかわれています。

触った感触や重さ、用途など、毎日使うものだからこそ、お気に入りのひとつを見つけてください。

  陶器 磁器
 
原材料  陶土と呼ばれる粘土を主原料に、珪石(けいせき)や長石を混ぜて使用。『土もの』といわれます。

石英や長石などの陶石を主原料に、粉砕して粘土混ぜて使用。『石もの』といわれます。

詳細 

吸水性が高く、土のぬくもりや素朴さが感じられます。お茶に含まれるカテキン(渋味)を吸着するので、味をまろやかにしてくれます。

ガラス質が高いのでツルンとしたなめらかな肌質です。陶器に比べると吸水性が劣りますが、その分お茶本来の味を楽しめます。

代表的なもの 常滑焼、萬古焼

有田焼

 

 

  鉄瓶  樹脂製​
 
詳細  重厚なデザインで耐久性があるので、長く愛用できます。今はカラフルなものが増え海外でも人気があります。お湯を沸かす鉄瓶とは異なり、急須の鉄瓶の中はホーロー加工されているため、鉄分は溶けだしません。その分お手入れはしやすくなっています。

価格が手ごろで、何よりも軽くて壊れにくいのが特長です。お子様や握力の弱い方にもおすすめです。

 

 

代表的なもの 南部鉄瓶

 

  耐熱ガラス ティーポット 耐熱ガラス フィルターインボトル
 
詳細 

透明なので、茶葉が開く様子やお茶の色など見た目にも楽しめます。お茶に、フルーツやハーブなどとブレンドして楽しむのもひとつ。電子レンジに対応しているものだと、冷めても温められるという利点があります。

最近、水出し茶用として人気なのがこちら。お好みの茶葉を入れて水を入れるだけ。フィルター(茶こし)がついているので、そのまま注げます。横置きでもこぼれません。

 

代表的なもの ハリオ

 

2.サイズを選ぶ

大は小を兼ねるともいいますが、大きければよいというものではありません。急須が大きすぎるとお茶が出すぎて渋みが出てしまったり、小さすぎると何度も注ぎ分けないといけないので、相手を待たせてしまうことにもなります。淹れる人数分に適したサイズがおすすめです。

1人分の湯のみの大きさが60~100mlが一般的ですので、これを目安にちょっと多めで考えるとわかりやすいです。

 

1人分:100~150ml

2~3人分:200~350ml

4~5人分:400~550ml 

 

3.茶こしを選ぶ

茶こし
形状 ささめ ステンレス製メッシュ ステンレス製メッシュ カゴ網
特長 急須本体に穴が開いているタイプ。深蒸し茶や粉茶のような葉が細かいものは詰まりやすいので、できるだけ目が細かいのを選ぶようにしましょう。 網目が比較的細かいものが多く、深蒸し茶や粉茶にも向いています。一部だけ覆う「板網」から全体を覆う「帯網」まで形はいろいろあります。 一般的に増えているのがこの形で、茶殻が捨てやすく、お手入れがしやすいのが特長。浅いと茶葉が浸からないので、深めのものを選びましょう。

4.すり合せをチェック

よい急須かどうかの判断の基準のひとつとなるのが、「すり合わせ」です。急須とふたの間に隙間があると、お茶の蒸らしに影響が出たり、注ぐときに漏れてしまったりします。常滑焼のような急須の一大産地や手作りしているものは「すり合わせ」が悪いものはほぼありませんが、安価なものだとこの「すり合わせ」が甘いものもありますのでチェックしましょう。

5.持ち手

特に決まりはありませんが、用途や使いやすさで選びましょう。

   
横手 後ろ手
日本の伝統的な急須で、片手で柄を持ち、親指でふたを抑えて注ぐことができます。 注ぎ口の反対側に持ち手がついたポット型の急須。
 
上手型 宝瓶(ほうひん)
急須の上部に持ち手がついており、玄米茶やほうじ茶など、熱いお茶を淹れるのに向いています。 持ち手のない急須で、玉露や上級煎茶など低温で淹れるお茶を淹れるのに向いています。

 

ちきりやの取扱い急須はこちら