ホーム お茶コラム > 今日から始める、気軽に”おうち抹茶”

抹茶スイーツや抹茶ラテなど、抹茶を使ったものはあちこちで見られるようになりました。

でも抹茶を点てる、となると、ハードルが高いと思う方も多いのではないでしょうか?

 

「作法がわからない」

「難しそう・・」

「茶道具そろえるのは大変」

いえいえ、もっと気軽に、おうちでもお抹茶を楽しめるんです。

「抹茶」は茶葉まるごと粉にしているので、栄養素をそのまま摂ることができる優れもの!

そんな抹茶を、毎日の生活に取り入れてみませんか?

最初に準備するもの

まずは、お抹茶を点てるのに必要な道具をそろえましょう。

 

①抹茶

 20g 1000円以上がおすすめです。

 1杯2gなので、1缶で約10杯分になります。

 高いものほど香り高く、まろやかなコクがあります。

 安いものほど渋みが強く、あっさりとした味になります。

 

②茶筅(ちゃせん)

穂数が多いほど、きめ細かい泡が立ち、クリーミーに仕上がります。

「薄茶」を楽しむなら、80本立や100本立てがおすすめです。

 

 

③茶碗(ちゃわん)

 

カフェオレボウルなど口が大きいもので代用できます。

夏には耐熱のガラス製の平茶碗も涼しげです。

 

④茶杓(ちゃしゃく)

 

小さじで代用できます。小さじすりきり1杯で1杯分(約2g)です。

 

※計量スプーンは3点セットになっていることが多いです。

左から小さじ1/2(2.5cc)、小さじ(5cc)、大さじ(15cc)になります。

準備ができたら、抹茶を点ててみましょう

1. 茶椀を用意します。

2. 抹茶を2g(茶杓山盛り2杯分、または小さじすりきり1杯)を茶碗に入れます。

3. 茶碗に10mlの水を入れ、抹茶と水を茶筅でなじませてから、粉っぽさがなくなるまで溶きます。

より旨味が引き立ち、ダマにもなりません。その後、熱湯を60ml注ぎます。

※最初に水で溶くと、茶こしで濾す必要がなくなります。

4. 茶筅は底から少し浮かし、川の字を書くように素早く前後に動かします。。
※左手を茶碗に添えましょう。

5. 表面にキメの細かい泡が点ってきたら出来上がりです。

6. 最後は茶筅で表面の泡を整え、「の」の字を書いてゆっくりと茶せんを引き上げると、

口当たりの良い美味しいお抹茶がお楽しみいただけます。

濃い目に点てて、氷を浮かべて冷抹茶にもどうぞ。

ちょっとひと工夫して、オシャレに楽しむ!

抹茶を点てた後、お気に入りのティーカップへ。

それだけでカフェのようなオシャレな抹茶に!