ホーム お茶コラム > お茶に含まれる栄養素

昔、お茶は薬だった

茶の発祥地は中国といわれています。今の漢方薬の基礎を築いたとされる神農が山野を駆け巡り、身近な草木の薬効を調べるために自ら の体を使ってテストしました。そして毒にあたるたびに、茶の葉 を噛んで解毒したといわれています。【中国最古の薬物書『神農本草書』】

このように中国では古くから、お茶を薬、とくに解毒薬として用いていました。「お茶を一服」という言葉も、この用途から来ているといわれています。

 

日本では、少なくとも奈良時代からお茶が飲まれていたと考えられています。しかしその当時、お茶は大変貴重なものでした。1191年(鎌倉時代)に栄西が禅宗(臨済宗)とともにお茶の種や栽培方法、飲み方などを持ち帰ったことをきっかけに各地に広まっていきました。1211年には『喫茶養生記』を著しました。「茶は養生の仙薬なり、延齢の妙術なり」という冒頭から始まり、お茶の採取、効能、製法などを伝えています。【日本最古の茶書】

 

また『吾妻鏡』 には、鎌倉幕府の三代将軍・源実朝が二日酔いに悩まされていた際に、栄西がお茶とともに『喫茶養生記』を献上したことが記されています。

お茶に含まれる栄養素

お茶に含まれる代表的な成分として、カテキン類、カフェイン、アミノ酸類があげられます。このほか、ビタミン類、ミネラル、食物繊維なども含まれています。

これらの成分は、水に溶けるもの(水溶性成分)と水に溶けないもの(不溶性成分)とに分けられます。

 

■水溶性成分(20~30%)

カテキン類

抗酸化、抗突然変異、血中コレステロール上昇抑制、血圧上昇抑制、血糖上昇抑制、抗菌、抗虫歯菌、抗ウィルス、抗アレルギー、消臭 など

カフェイン

中枢神経興奮、眠気防止、強心、利尿、代謝促進

テアニン(アミノ酸)

脳・神経機能調節、リラックス効果

ビタミンC

コラーゲン生成補助、抗酸化、抗壊血病、かぜ予防、白内障予防、免疫機能増強

ギャバ(γ-アミノ酪酸)

血圧上昇抑制、脳・神経機能調節

フラボノール類

毛細血管抵抗性増強、抗酸化、抗ガン、心疾患予防、消臭

複合多糖(ポリサッカライドなど)

血糖上昇抑制

ミネラル類(フッ素、マンガン、銅、亜鉛、セレン、カリウムなど)

亜鉛:味覚異常防止、免疫能低下抑制、皮膚炎防止

フッ素:虫歯予防

マンガン、銅、亜鉛、セレン:抗酸化

カリウム:イオン平衡の維持

 

■不溶性成分(70~80%)

食物繊維

抗ガン、血糖上昇抑制

たんぱく質

体構成成分(9種類の必須アミノ酸と11種の非必須アミノ酸で構成)。

筋肉、血液、歯、神経などをつくる。エネルギーになるほか、酵素やホルモンとして生理機能の調節をする。

脂質

エネルギー源となる中性脂肪、細胞膜を構成するりん脂質、コレステロールなどがあり、脂溶性ビタミンを吸収するのに欠かせない。

クロロフィル

消臭効果

ビタミンE

溶血防止、脂質過酸化抑制、抗ガン、抗糖尿、血行促進、白内障予防、免疫機能改善

コエンザイムQ10

老化予防、美肌効果

βカロテン

抗酸化、抗ガン、免疫機能増強、ビタミンA生成源

ミネラル類

マンガン、銅、亜鉛、セレン:抗酸化

香気成分

アロマテラピー効果

 

*お茶の種類や栽培方法、製造方法、抽出方法などの条件により、これらの成分の含有量は異なります。