ホーム お茶コラム > 戦国時代の茶人 廣野了頓(ひろのりょうとん)

ちょうどちきりやの西側の通りになるのですが、その三条衣棚通りを下がったところに、かつて廣野了頓の屋敷があったそうです。

江戸時代初期の地誌である「雍州府志」(ようしゅうふし)によると、足利家代々の従臣である廣野家が、将軍義晴、義輝の時代にこの地を領有し、その後安土桃山時代になって、末裔である廣野了頓が剃髪してこの地に茶亭を構え、茶道を広めたそうです。当時、豊臣秀吉が、京へ入洛した折りに了頓邸を訪れ、了頓が茶を点てるなどし、その縁で280石の知行をあてがわれたそうです。

また、山科言経(やましなときつね)の日記「言経卿記」にも、文禄三年(1594)5月11日に徳川家康が了頓邸を訪れて遊び、言経、古田織部らも同席したことを記しています。了頓は、江戸時代に入って、徳川幕府から知行400石を受け厚遇されて明治に及びました。

邸地は、了頓の意思により表門から裏門までの一般の通行が許され、表門は将軍御成門と称しました。

かつてこの付近には清水が湧き、井戸も多く、民家の裏には了頓井と称する井戸もあったそうです。

了頓図子町という名は、了頓が一般人にも邸宅内の通行を許したことから、この通りを了頓図子ともいい、現在も了頓町の地名が残っています。

図子とは辻子とも書き、いわば大路と大路の間を結ぶ小路のことをいいます。