ホーム お茶コラム > カフェイン

カフェイン

カフェインとは、お茶の「苦味」の主成分です。お茶の中では、玉露、上級煎茶など品質が高いものほど多く含まれます。

 

左のグラフは、茶葉100g当たりのカフェイン量です。お茶の場合は抽出して飲みますので、1/20程度まで減少します。

右のグラフは、カップ一杯当たり(100ml)のカフェイン量です。浸出方法は、各お茶によって異なります。

抹茶は、茶葉ごと溶かして飲みますので、ほかのお茶に比べてカフェインは多くなります。

玉露は、濃厚なとろりとしたお茶のエキスを味わうため、カフェインは最も多くなります。

  カフェイン量(100ml当たり) 浸出方法
 抹茶 64mg 茶2g 
玉露 160mg 茶10g、60℃、60ml、2.5分
煎茶 20mg 茶10g、90℃、430ml、1分
釜炒り茶 10mg 茶10g、90℃、430ml、1分
番茶 10mg 茶15g、90℃、650ml、30秒
ほうじ茶 20mg 茶15g、90℃、650ml、30秒
玄米茶 10mg 茶15g、90℃、650ml、30秒
ウーロン茶 20mg 茶15g、90℃、650ml、30秒
紅茶 30mg 茶5g、熱湯、360ml、1.5~4分
コーヒー 60mg コーヒー粉末10g、熱湯、150ml

​参照:日本食品標準成分表 2015年版(七訂)

カフェインの効能

カフェインの効能には、疲労回復、覚醒効果、利尿作用、代謝促進といったものがあげられます。勉強や仕事の合間に、お茶を一杯飲むことで、作業効率のアップにも役立ちます。

 

お茶には、テアニン(アミノ酸)が含まれており、カフェインの作用を穏やかにしてくれるので、同量のカフェインに比べるとマイルドです。

カフェインは、湯温が高いほど溶けやすく、低いと溶けにくい性質があるので、カフェインの効果を期待するのであれば熱湯で、苦味を抑えたいのであれば低温でいれるなど、淹れ方を試してみてください。