ホーム 京の歳時記 > 知れば知るほど楽しくなる祇園祭4

2018/07/26

知れば知るほど楽しくなる祇園祭4

花傘巡行

今年の花傘巡行は、京都の連日の酷暑の影響で中止となってしまいました。

1966年から後祭の巡行がなくなった代わりに始まって、芸舞妓さんやミスきもの、

子供御輿などが四条通や河原町通を練り歩き、

後祭が復活した後も人気のある巡行でしたが、

さすがに連日の38度超えでは仕方がないですね。

それでも、午後からの八坂神社の境内では、今年も舞妓さんなどの奉納がおこなわれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、後祭で注目を集めていた中の一つ、

今年の「山一番」となっていた黒主山のひときわ目立つ山飾りの「しだれ桜」が、今回で見納めとなり、来年からはご神体である歌人の大伴黒主が仰ぎ見たとされる「山桜」の造花がお目見えする予定です。

現在のしだれ桜は5年前のデビューだそうですが、お疲れさまでした。

花の命は短し。。。