玉露や煎茶の仕上げ工程で、茎の部分を集めたものをかりがね(茎茶)といいます。
渋みが少なく、茎茶独特のやわらかな旨みがあり、のど越しがさっぱりとしています。