「粉茶」は、煎茶と同じ製造工程で、お茶の葉を「葉」と「茎」の部分を切断するときに出る「粉」を集めたものになります。お湯に溶けないので、急須やティーパックでどうぞ。

「粉末茶」は、抽出液を濃縮・乾燥させたもので、お湯に溶けるように作ったインスタントティーになります。茶殻が出ないので、人気が高まっています。