ホーム 京の歳時記 > 紅葉のおすすめスポット3(嵐山)

2018/11/09

紅葉のおすすめスポット3(嵐山)

紅葉のおすすめスポット3は、やっぱり嵐山です。

今週末は天気も良さそうなので、渡月橋からの散策コースを辿ります。

 

 

今年は11日の日曜日に「嵐山もみじ祭」が開催されます。

 

今年は台風の影響で渡月橋の欄干が倒れたりしましたが、

今は改修工事も終了して、間もなく見頃を迎えます。

多分、土日の混雑はこんなものではないと思いますが。。。

 

世界文化遺産の「天龍寺」や「竹林の小径」

 

「落柿舎」

松尾芭蕉の弟子向井去来が別荘として使用していた草庵で、

庵の周囲の柿が一夜にしてすべて落ちたことがその名の由来となっています。

懐かしい茅葺屋根の閑寂な風情が多くの観光客に親しまれています。

 

「常寂光寺」

百人一首にも詠まれている小倉山の中腹の斜面にあり、境内からは

嵯峨野が一望できます。全山が真っ赤に包まれる紅葉の名所で、

特に多宝塔の近くは絵になるスポットで必見です。

 

「二尊院」
天台宗の寺院で正式には「小倉山二尊教院華台寺」といいますが、
本尊の「発遺の釈迦」と「来迎の阿弥陀」の二尊が双子のように祀られています。
2012年秋の「そうだ 京都、行こう。」のキャンペーン舞台にもなり、
総門を入った「紅葉の馬場」と呼ばれる参道の紅葉が特に知られています。

 

鳥居本への街道には奥嵯峨の風情を感じさせる町並みが続いていますが、

「化野念仏寺」には集められた多くの石仏や石塔に圧倒されます。

 

「嵯峨鳥居本」は小倉山の麓から清滝にかけての地名で、

愛宕山頂や愛宕神社の参道にあたり、「一ノ鳥居」付近には

鮎料理でも有名な高級料理屋さんが二軒あります。

 

散策としては終点で、ここで戻るか京都バスに乗るかになります。